地域清掃

通学路清掃リポート ~明るいあいさつが地域を活性化~ 2010年12月22日

明るいあいさつが地域を活性化

~明るいあいさつが地域を活性化~

今年最後の通学路清掃は口田小学校。来週はお歳暮清掃でお客様宅の門前清掃を早朝から全社員で行う。「厄を払い福を招く」の縁起として清掃し、18年目に なる。口田小学校の通学路清掃は子どもたちが元気だから、ずいぶん励まされる。掃除朝礼を終えた頃から、色とりどりの防寒着をまとった児童が次々登校して くる。おはようご

~明るいあいさつが地域を活性化~

ざいます!

 

いつものことながら校長先生が一人ひとりにあいさつをして回られる。「おはようございます」「ありがとうございます」「ご苦労さまです」。

~明るいあいさつが地域を活性化~

この学校の児童の特徴は、全員があいさつをすること、声が大きいこと、遠くからあるいは後ろからすること。その分だけ学校周辺は明るい。見事に地域の拠点としての役割を果たしている。

 

校門では教師、保護者、児童の当番が、たすきを掛けて登校する子どもたちを迎える。賑やかだ。中には立ち止まって清掃活動について質問する場面もある。地 域の絆が薄れつつあるいま、小学校の果たす役割は大きい。朝の明るさは高齢者たちを励まし、授業にも間違いなく反映する。トップの教育に対する取組み姿勢 が、見事に表現されている。

~明るいあいさつが地域を活性化~          ~明るいあいさつが地域を活性化~