早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~蕾が開かない寂しい朝~ 2010年10月30日

蕾が開かない寂しい朝

土曜日は公園清掃が終わったあとの第二部になるから通常のコースは回れません。始業が午前8時半なので公園清掃を午前7時から8時まで終えて残りの時間を活用。二つのガレージと長さ50メートルほどの歩道清掃と水撒きが精いっぱい。駆け足で朝礼に参加する慌しさです。それでも気分がいいものです。空気まできれいになるのかな。

気温は16℃と上昇したにもかかわらず、大輪のアサガオは縮こまったまま。わずか8輪。直径4センチほどの小輪が寂しそうに咲いてごあいさつ。葉っぱは元気なのに咲くエネルギーが衰えたのでしょうか。でも、開かない蕾はたくさん付いているのです。黄色くなった葉っぱが舞い落ちてくれれば諦めもつくのですが、処分には未練がいっぱい。

歩行する人の期待も大きく、ぼつぼつパンジーを植えようと準備中。三つの花壇へ植え込むには2百株ほど必要です。半月もすると35センチピッチで色とりどりのパンジーがお目見えします。アサガオの種はすべて緑、まだ一粒もはじけていません。日本の四季が壊れてしまったのか、異常な季節の移り変わりです。今朝は社長、江原、金本と4名。

CIMG8532_copy