地域清掃

通学路清掃リポート ~陽の当たらない道~ 2011年1月19日

陽の当たらない道

 通学路清掃リポート ~陽の当たらない道~

やっと気温のマイナスから脱出した。あれほど寒かった1℃が暖かく感じるから、人間は過保護にしな

 通学路清掃リポート ~陽の当たらない道~

ければ環境に順応できるようになっている。-5℃の後遺症があちこちに見られる。高い建物や石垣の北側は、依然としてアイスバーン状態。陽の当たるところは乾燥して太陽の恩恵を受けている。通学路も冬と春が同居しているようだ。

 

この学校では表門より裏門の方が登校の近道になる。表門側を清掃していると、7時45分から児童と会わなくなる。玄関を通らずに勝手口から家に入るような ものだ。車で登校する教師も多いから、登校時間帯は表門が歩行者専用、裏門は車専用にすると事故がなくなるような気がする。近道といっても精々100メー トル程度だから問題はない。

 

 通学路清掃リポート ~陽の当たらない道~ 通学路清掃リポート ~陽の当たらない道~見 守り隊の高齢者がお揃いのジャンパーで、横断歩道の誘導をしている。員数は多く配置もいいから、児童らは安心して登校できる。学校傍の横断歩道では「裏門 が開いたよ」と声を掛け、教師が裏門で迎えているから、自然に流れが変わる。いろいろ理由はあると思うが、正門から登校するほうが理に適っていると思うが いかがだろうか。