早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~初春の陽をいっぱい浴びる~ 2011年1月3日

初春の陽をいっぱい浴びる

CIMG9289_copy

今日でホテルで過ごす正月は終わる。緩んだ気分を引き締めて、午前6時、早朝のゴミ拾いに出発す

CIMG9290_copy

る。夜明け前の海はまだ目覚めていない。ゴミ置き場を整理している熟年女性から「ありがとうございます」と言葉をかけられる。元宇品自然公園のウォーキングコースでは、防寒着をまとった釣り人たちが三々五々糸を垂れていた。

 

午前7時40分、太陽が顔を出した。昨日より西側のゴミ拾いをしていたから、海の広さが倍加している。その分だけダイヤモンドのきらめきが長く、黄金の太陽を全身に浴びることが出来た。ゴミ拾いが終わるころ次々と観光バスが出発して行った。長旅を終えて夕方到着し、ゆっくりする暇もなく早朝出発はあわただしい。でも表情は明るい。

 

CIMG9286_copy

午後は高速船で厳島神社(安芸の宮島)に参拝したが、船も参道も拝殿も人で溢れていた。要所で

CIMG9293_copy

は女性グループが大きなポリ袋を手に広げて「ゴミをどうぞ!」と呼びかけていた。ささやかな行いだが、例年になく日本三景の一つとしての品位を保っていた。ゴミのない町は人の動きも穏やかで、少なくなった神鹿もゆったりして微笑ましい。