早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~貯水槽に感謝~ 2011年1月30日

貯水槽に感謝

CIMG9539_copy

昨夜から気温は-1℃、明け方は-3℃まで下がった。ところが明るくなってやや気温が上がり、先々

CIMG9540_copy

週のようなアイスバーン状態にはならなかった。交通渋滞を未然に防ごうと「塩化カルシューム」や必要な用具を準備していただけに、不謹慎な言い方だがちょっぴり拍子抜け。突発事件などなくてよかったと思いつつ、日曜清掃に取り掛かった。

 

-5℃を経験すると、今朝のように-1℃は寒くない。それは経験値による感覚だと思うが、身体は気温に順応する。かじかむ指の曲がり具合は気温が下がるに従って大きくなり、復帰に時間が掛かる。歩道まで掃き掃除は終わったが、エントランスの打ち水が凍結でできない。連日貯水槽のお世話なっているが、雨も降らないのに溜まるのが不思議。

 

CIMG9541_copy

昨日の公園清掃における「便器の黄金」処理は、貯水槽の水があればこそ。普通の家庭の散水栓

CIMG9542_copy

は、大抵の場合凍結している。世の明け切らない時間に呼び鈴を鳴らすことは憚られる。午前9時、小雪は舞っているが積もるまでには至らない。もう先々週のようなアクシデントはないだろう。暦の「立春大吉」は、間もなく春の足音を聞かせてくれる。

CIMG9543_copy