地域清掃

通学路清掃リポート ~静かな朝~ 2011年1月5日

静かな朝

新年の仕事始めのトップは水曜日恒例の通学路清掃。冬休み中の口田東小の周辺は静かだった。子どもは宝だと改めて実感する。きれいにする

通学路清掃リポート ~静かな朝~

ことに抵抗はないが、「おはようございます」の元気な声が飛び交わないと寂しい。昨年は不幸が多かったと述懐しながら、大江雅雄さんが参加してくださった。ふるさとの向原町は雪の新年だったようだ。

 

側溝には砂粒が堆積している。毎日掃除をすれば溜まることはないが、放置しておけばやがて雨の日などに障害が生じる。年末のお歳暮清掃には新品の竹箒を用 意したが、すっかり穂先が磨耗している。それが砂粒を掃き寄せるには、ベストの武器になるから良いめぐり合わせだ。土嚢袋二つがいっぱいになった。遠目に はさして変わらない。

 

通学路清掃リポート ~静かな朝~

今年も地区内7校の通学路清掃は続けるが、平成8年スタートだから16年目に入る。ささやかな清掃活動だが積み重ねはみんなの誇りだ。ただ波及効果のない ことが残念だ。新聞やチラシのポストインなどで呼びかけているが、地域も学校も動かない。今朝は教師が1名参加された。いつの日か教師や児童らによる賑や かな清掃風景を夢見ている。