地域清掃

通学路清掃リポート ~そうじびと増える~ 2011年10月19日

 そうじびと増える

通学路清掃リポート ~そうじびと増える~ 

今朝も気温は11℃と低い。山頂の紅葉はまだ始まらないから一時的な現象か。校内の「そうじびと」が増えているような気がする。教師が率先して箒を持つこ とは、子どもらの目にも好ましいだろう。きっと尊敬のまなざしを向けてくれる。この学校の周辺は全体にゴミが少ない。きれいをよりきれいにするは気持ちが いいものだ。

 

箒を持って通学路清掃に加わった教師から「ひたすら まちを 美しく」を読んだと声がかかった。一人でも読んでもらうと嬉しい。鍵山秀三郎さんの講演会が 終わって地域内の高校2,中学校5、小学校9校、計16校に10冊ずつ届けた。受け取ったと連絡があったのは、中学校3、小学校2の計5校。そんなものと 言えばそんなものだ。

 

中には学校の取組みに批判的な記述もあるから、いらんお節介と思われているかもしれない。教師のビジネスは子どもを育てること。そう考えれば学びの環境を 整えること、元気な朝のスタートの土壌を作る責任があると思うが…。わが家であいさつを交わし、わが家で掃除をするのと同じではないか。今日の空はあくま でも高く、澄み切っている。

 

通学路清掃リポート ~そうじびと増える~