早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~誰かが歩道の落ち葉を~ 2011年2月1日

誰かが歩道の落ち葉を

CIMG9561_copy

空気が乾燥して風が舞う。今朝は-2℃。このときの体感温度は、以前北海道の最北端に立った感じ

CIMG9560_copy

に似ている。厚手の手袋をしていても、はじめは冷たくて、やがて痛くなる。そのうち無感覚になるが、それでも箒も使えるし、ゴミも拾える。人間の身体は丈夫にできているし、環境に対しても順応性が高い。間もなく立春大吉。

 

気に掛かっていた歩道の堆積した落ち葉を、だれかが整理し始められたようだ。大きな土嚢袋に詰め込まれ、10袋ほど積んであった。やり方の丁寧さから見て行政や自治会の掃除ではない。心ある住民が一人で進められていると推察する。いまやっと100㍍くらい済んだところ。先は長いがきっとやり遂げてくださるだろう。ホッとプラス嬉しい。

 

CIMG9562_copy

珍しく山鳩が二羽、歩道で餌を啄ばんでいた。丸々と太っておっとりしている。傍に近付いても怖が

CIMG9559_copy

らない。雪解けで空気が乾燥しているせいか、捨てられた吸殻や紙袋などは、火山灰を浴びたように灰色で原色を留めていない。うっかりすると見過ごしてしまうほど。今週は寒さが緩むという予報だが、ぜひ暖かい日差しをお願いしたい。

CIMG9563_copy