早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~納得できる美しさ~ 2011年2月10日

納得できる美しさ

CIMG9654_copy

雪の名残りや火山灰の影響もあると思うが、最近の道路やバス停は埃っぽい。掃除の終礼で江原文男

CIMG9656_copy

さんが「掃除は納得できる美しさが得られないと楽しくない」と感想発表で話していた。たとえばバス停で乗客が並んでいると、遠慮するせいかとことんきれいにできない。急行バスが発車した後の待ち客ゼロのとき、すばやく掃くのがコツとか。

 

大抵の掃除は「やらされている」「会社の決まりだから仕方なく…」が多い。だから疲れるし続かない。適当にやるほど楽しさから遠くなる。「美しくないと納得できない」心境は、掃除の有段者と言える。真剣に積み重ねた「そうじびと」へ天からご褒美をいただいたと同じ。掃除のときの所作や考え方は、間違いなく仕事に反映する。掃除=仕事。

 

CIMG9658_copy通学路に野鳩が番(つがい)で遊んでいる。50㌢程度に近付くと飛び立つ。きっと子どもらに悪戯さCIMG9655_copy

れた経験がないのだろう。やさしさが伝わる。気になっていた歩道の腐食した落ち葉が除去された。2年ぶりに陽の光を浴びるアスファルト舗装も嬉しそう。陸橋に掛けられた「ここは おちあい あいさつ通り」の横断幕は生きているかな。

 

CIMG9659_copy