早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~一足早い春~ 2011年2月13日

一足早い春

CIMG9716_copy

今朝も冷え込みが厳しく気温は0℃。ふるさと方面は降り続く雪で山と空が溶け合っている。昨夜は

CIMG9718_copy

強い風が吹き、珍しく落ち葉が片隅に寄せられていた。社屋周辺の清掃と水撒きを終えた。社内に入ると一足早く春。土曜日の休日当番は岡元専務。エントランス、階段の踊り場、出窓、トイレなど6カ所の花が生けかえられていた。

 

華麗な色とりどりの薔薇、可憐で小さい花などが、春を告げるかのように微笑んでいた。冷え切っているはずの事務所の中も、花の香りだけで温かく感じるから不思議だ。雪は降っても春は春。水気の多い淡雪は、少しの日差しで溶けてしまう。わが花壇のチューリップたちは、春の雪など知らぬ風にとん

CIMG9719_copy

がった芽を空に向けている。

 

CIMG9717_copy

「早朝清掃」と銘打っているが、どの時間帯が「早朝」なのかと聞かれると困ってしまう。そのときは「夜の明けやらぬうち」と答えている。四季それぞれに時間帯を変えるわけにはいかないので、生活のリズムとしては午前5時までにスタートする。空の色が識別できれば「朝」の訪れとなり「早朝」には遅刻となる。勝手な解釈に過ぎないが…。

 

 

CIMG9720_copy CIMG9721_copy CIMG9723_copy