地域清掃

公園清掃リポート ~玖第六公園を卒業~ 2011年2月26日

玖第六公園を卒業

公園清掃リポート ~玖第六公園を卒業~

8週間に一回であるが2年間も清掃に親しんだ「玖第六公園」から、今回で撤退することが決まった。撤

公園清掃リポート ~玖第六公園を卒業~

退と言うより卒業が相応しいかもしれない。当初は人並み(放ったらかし)の公園だったが、昨年末あたりから急にきれいになった。年に数回しかやらない定期清掃かと思ったが、どうも様子がちがう。心ある人たちがきれいにしておられる。

 

ここまでくれば卒業が許されると思う。本日で最後と思えば心入れも違う。まさにきれいなところをよりきれいにと清掃

公園清掃リポート ~玖第六公園を卒業~し切った。普段は手を入れない植栽の根元の枯れた雑草まで除去した。公衆トイレのアプローチには水を撒いた。最後に「玖第六公園」の立て名札を囲んで記公園清掃リポート ~玖第六公園を卒業~

念撮影。「地域の公園の美化は自分たちの手で」の定着を願っている。

 

団地内の公園は自然の形で地域に引き継がれている。善意の行いは静かに始め、極めれば黙って消えるのがコツ。当たり前のことをしているのだから、幟を立て て襷がけでするほどのことではない。見返りも求めない。本日は三島清一さん、大江雅雄さん、椋田克生さん、田畑栄造さんほか11名の参加。うち小学生が1 名加わる。りゅうちゃん。

公園清掃リポート ~玖第六公園を卒業~

公園清掃リポート ~玖第六公園を卒業~