早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~再び気温がマイナスに~ 2011年2月3日

再び気温がマイナスに

早朝_copy

早朝_copy.jpg2

2月に入って気温が上昇をはじめ、さすが「立春大吉有賀燈」と喜んでいたが再び氷が張った。しかし、昼間の最高気温は二桁になるとの予報。もうぼつぼつ身を切るような寒さから開放して欲しい。午前6時、暗がりの中でゴミ拾いをしている大江雅雄さんを目撃。すでに折り返し点から南に向かっていた。5時には出発していたと推察。低頭。

 

陸橋は霜で覆われ真っ白になっていた。昔は道の至るところに霜柱が立っていて、グシャ! グシャ! と踏み潰して歩いていたのが懐かしい。今はほとんど舗装されており、霜柱や氷柱はかつての風物詩になった。中央分離帯のは絶好のゴミ捨て場所。毎朝、担当者が拾っているが、なかなか根絶やしにはできない。公徳心に期待するところだ。

 

終礼の「気づきと改善提案」で公共工事は後始末が悪いと報告があった。工事をした歩道のゴミを車道に掃き棄てている。ドライバーと同じようにゴミ箱と勘違いしているようだ。尻拭いではあるが、公共工事の後は周辺の清掃を心掛けたい。チューリップが赤い芽を出し始めた。霜を被っているが、春が近いことを教えてくれる。