早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~花壇の主役たち~ 2011年10月2日

花壇の主役たち

早朝清掃リポート ~花壇の主役たち~

今日は「鍵山秀三郎チャリティ講演会」の当日である。日曜日ではあるが全員出勤となった。ただ一人江原文男さんは宅建試験の全国模擬テストを受けるため不 参加。しかし彼のことだから朝の周辺清掃に来てくれるだろうと予測していた。せっかく来てくれるのに掃除が終わっていては申し訳ない。仕事をしながら外の 気配に耳を澄ましていた。

 

予測はピタリと当たった。午前6時45分、かすかに竹箒の音がし始めた。こういうときの掃除は楽しさが増す。思いやりが嬉しい。二人で掃いて水を撒く。い つものことだが今日は特別の日だから心に残る。周りが整うと空気まで澄んでくるような気がする。朝のうちは低かった雲が少しずつ高くなっていく。間もなく 青空が見えてくるだろう。

 

冷気が増して朝顔が高いところで咲き始めた。当初、計画したアサガオの木は7本のうち4本がなんとかなりそうだ。ニチニチ草の赤と白は、シーズンが過ぎて も衰えない。不思議なことにナスの切り株からもう一度芽が出て、花を咲かせた。そして実をつけた。生命力の強さに驚かされる。もうすぐ花壇の主役が交代す る。パンジーが元気をくれる。

 

早朝清掃リポート ~花壇の主役たち~