地域清掃

通学路清掃リポート ~雨上がりは久しぶり~ 2011年2月9日

寒波去る

通学路清掃リポート ~雨上がりは久しぶり~ 

昨日の夕方から雨が降り始めた。「春雨じゃ、濡れていこう」と月形半平太のようにはいかないが、静か

通学路清掃リポート ~雨上がりは久しぶり~ 

な雨は風情があって捨てがたい。今朝は気温5℃と暖かい。週末は雪になると予報しているから、冬に逆戻りするかもしれない。通学路の側溝や排水路の落ち葉は、集めるのに厄介だ。底の方は腐食してアスファルトやコンクリートにべったり。

新しい落ち葉は少しくらい濡れても難儀ではないが、7週間も堆積していると穂先が堅い箒でないと使えない。登校時間になっても校門に迎える人の姿はなく、 ずっと下の入り口に見守り隊の女性が一人、子どもたちを誘導している。登校時間の通学路は賑やかである筈なのに、声を掛けても黄色で元気のいいあいさつが 返ってこない。暗いなあ!

通学路清掃リポート ~雨上がりは久しぶり~ 

バス道路から校門まで約150㍍は学校の専用道路だが、教師も保護者も地域の人も誰も掃除をし

通学路清掃リポート ~雨上がりは久しぶり~ 

ない。信じられないけど、これ現実。教師の仕事は子どもの教育であり、成果を上げることにある。始業前に通学路清掃に子どもと力を合わせる習慣がつけば、間違いなく心豊かな児童が育つに違いない。今日の参加者は大江雅雄さんを含め7名。

 

 

通学路清掃リポート ~雨上がりは久しぶり~ 

通学路清掃リポート ~雨上がりは久しぶり~