地域清掃

通学路清掃リポート ~きれいに感謝~ 2011年11月2日

 きれいに感謝

通学路清掃リポート ~きれいに感謝~

秋には似合わない生ぬるい風が吹いている。薄曇りで太陽は見えないが暖かい。昨日は九州地方で27,5℃の真夏日になったと伝えられた。71年ぶりの椿事 だというが、日本列島の気象は何が起こっても珍しくなくなった。この学校では副校長が毎朝、欠かさず通学路清掃を行っているだけに、タバコの吸殻や落ち葉 の堆積は見られない。

 

物足りないといえばその通りだが、きれいをきれいにする修行にはもってこいだ。適当に掃除していると際立たないので、いきおい真剣に箒を使うことになる。 ゴミがないようでも二つの土嚢袋に砂粒がいっぱい詰まった。校長も一緒に掃除をされた。トップがこれだけ動けば、子どもたちの「おはようございます」も軽 やかになる。

 

校門には10人もの生徒がキチンと並んで登校する生徒を迎える。地域のみなさんの丹精による通学路付近の花畑では、ベゴニアが花を散らせパンジーを待って いる。前日、授業参観をしたが、いたるところによい変化が見えて嬉しい。体育や音楽の授業で留守の教室も幾つかあったが、机の乱れがなく取り組み姿勢を物 語っている。

 

通学路清掃リポート ~きれいに感謝~