早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~背中を褒められる~ 2011年10月24日

 背中を褒められる

早朝清掃リポート ~背中を褒められる~

出勤途中「セブンイレブン」の前で縁石を踏み外し、仰向けに倒れた。庇い手の左の掌を傷つけ左ひざを打った。立ち上がって歩き始めたが、ジャンパーのポ ケットに何もないことに気付いた。倒れた弾みに飛び出したらしい。後帰りして散乱していたものを拾い集めた。幸い暗がりだったのでみっともないところを誰 にも見られなくホッとした。

 

朝の出会いは高齢者のジョギングが多く、顔なじみの人が増えている、大抵の場合「おはようございます」のあいさつだけだが、今朝は珍しく話しかけられた。 背中の「ご縁に感謝」を褒められた。車のライトで鮮やかに浮き上がるらしい。序でに歩きの姿勢が良いと言われる。多くの人の目がある事を意識しながら、き ちんとした歩き方をしたい。

 

駐輪場の落ち葉が二十四節気の「霜降」に合わせたように茶色に変わった。箒で掃き寄せるときの音がカラカラと硬くなった。秋が深まりがダイレクトに感じら れる。地上は暗くても空は色づき始める。今朝は珍しくピンク色に染まった。夜明けの空は時々刻々、変化する。見るだけで楽しい。これで日の出が拝めれば申 し分ないのだが…。

 

早朝清掃リポート ~背中を褒められる~