早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~落ち葉舞う~ 2011年10月25日

 落ち葉舞う

早朝清掃リポート ~落ち葉舞う~

お旅行社各社から紅葉ツアーのパンフレットが届くが、自然は大震災を横目に鮮やかな彩りを南下させている。例年なら東北のツアーに惹かれるが、経済支援の キャッチコピーも空しく心に響かない。今朝は風がやや強く落ち葉のダンスの動きが早くなった。「掃いても掃いてもなお…」の山頭火の世界だ。紅葉を愛でる 人の裏には掃除する人がいる。

 

少しでも油断すると落ち葉はすぐ堆積する。しとしと秋雨なら堆積したまま腐食が始まる。激しい雨なら排水口を塞ぎ、道に水を溢れさせる。秋は上を見る分に は爽やかだが、下を見ていると悩みは尽きない。落ち葉を掃き集めたら人間が捨てたものと自然に還るものとに仕分けする。できるただけゴミを増やさない努力 が求められる。

 

マンション住民の強い要望で目先の邪魔になるとして、見事なケヤキの大きな枝が剪定された。景観が損なわれるという住民のわがままを憤ったが、この時期に なると落ち葉の量が少ないことを喜ぶ。勝手なもんだとわが心を戒める。掃除が終わった駐輪場に舞う落ち葉も、見方を変えれば一幅の絵になると納得。しばら く掃除のコースを変える。

 

早朝清掃リポート ~落ち葉舞う~