早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~内も外も花いっぱい~ 2011年11月27日

 内も外も花いっぱい

早朝清掃リポート ~内も外も花いっぱい~ 

夜明けは曇り空だったたが、徐々に空が高くなり日差しが届き始めた。珍しく落ち葉が少なく掃除は楽をさせてもらった。パンジー通りの可憐な様を一人で楽し む。出来るだけ高いところから水を撒く。まだ花びらが弱いから強い水は当てられない。自画自賛であるが道端に花があるないでは、光景が180度変わる。花 を見れば人の心は易しくなる。

 

入り口にはホウキ草が妖しい色を送る。ドアを開けると古びたオルガンの上に「いらっしゃいませ」の筆書きの横で百合が甘い香りを漂わせる。階段の踊り場に 豪華なランの花。出窓には変わりナスの丸い実が、来待焼きのお地蔵さんと迎える。踊り場の各コーナー、出窓のすべてに、花と焼き物が微笑んでいる。階段に も塵一つない。

 

掃除は見えないところまで行き届いてほんものだ。お客様は信頼できる業者の判断の一つに掃除のレベルを見られる。ゴミ一つでビジネスの可否を決められるこ とが多い。店の前にぺんぺん草が生えると、その店は遠からず閉店に追い込まれるという。掃除の行き届いた店は繁盛し、泥棒も入るのを躊躇するらしい。掃除 の継続効果は大きい。

 

早朝清掃リポート ~内も外も花いっぱい~