早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~江原ワールド~ 2011年11月29日

江原ワールド

早朝清掃リポート ~江原ワールド~ 

就業規則によると始業は午前8時半だが、全員が早々と出勤する。遅刻者は一人もいない。特に江原文男部長は早い。夜も明けやらぬ6時40分に出勤。一日の 計画をチェックし、6時55分に早朝掃除前の掃除を始める。社屋の裏側からスタートし、歩道、ガレージ、車道の側溝を終え、早朝清掃のスタートに備える。 一分の無駄もない動きだ。

 

掃除朝礼を終えると中央分離帯に移動し、ゴミを拾いながら南下する。ハイライフの交差点からバス停に移動し、遠くから掃き始める。バスを待つ通勤者の邪魔 をしないように臨機応変に掃く。今朝は落ち葉の多い駐輪場、階段のゴミ取りなど担当外にも状況を見ながらタイミングよく参加する。中央分離帯を北上、終了 時間いっぱいで帰社する。

 

終礼が終わるとエントランス、歩道、花壇の水撒き、物干しの雑巾、手袋など収納。物干しを畳んでやっと朝の清掃を終わり、お茶を飲みながら一服。会社の屋 台骨を背負っている人間の動きは無駄がない。掃除の作法は仕事の作法に通じる。会社の社員構成は2・6・2というが、トップに位置する。仕事のスタートも 早い。見事の一語に尽きる。

 

今朝は落合東コースだったが、歩道橋や階段を清掃したため、負担を掛けてしまった。感謝。気分は爽快である。

 

早朝清掃リポート ~江原ワールド~