早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~彼岸過ぎの雪~ 2011年3月25日

彼岸過ぎの雪

早朝清掃リポート ~彼岸過ぎの雪~

早朝清掃リポート ~彼岸過ぎの雪~

被災地は週末まで厳しい寒さが続くと予報されている。食料なし、暖房なしの日々を想像することは難しい。今朝は凍結、しかも雪が山と空の境目をなくした。 暑さ寒さも彼岸までの言い伝えが反故になりそうだ。狸が一匹、路上に倒れていた。外傷はないが鼻先を車に叩かれたショック死だろう。昨日に続いて二匹目。 丸々太っていた。

 

側溝のグレーチングの底はいろいろなゴミが埋まっている。深さが1㍍もあるから腹這いにならないとゴミが取れない。今朝は金本さんが上半身を突っ込んでき れいにした。そこまでやるか! との思いもあるが、徹底することにより掃除の質は間違いなくアップする。仕事の作法と無縁ではない。計画的に手際よく進めることでコストダウンになる。

 

大江雅雄さんの早朝ゴミ拾いを目撃した。午前6時。簡単ではないと思うが、エネルギー源は何だろうか。「昼は介護などで忙しいから、自由になる時間は早朝 しかない」との話だが、ウォーキングや犬との散歩とは違う。「人知れず」の善行は尊い。通学路清掃のときも笑顔が絶えない。本日は西コース。ゴミが少なく なった分、距離を延長した。