早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~新しい柱の「ご縁に感謝」~ 2011年10月30日

 新しい柱の「ご縁に感謝」

早朝清掃リポート ~新しい柱の「ご縁に感謝」~ 

久し振りに小雨の日曜日になった。雲が低く垂れ込め夜明けは遅い。新しくなった社屋のエントランスの柱に、オレンジ色に囲まれた「ご縁に感謝」が鮮やか。 街角の大型看板や営業車、バイクなどにも表示され、人々の心を和やかにするCMになると嬉しい。アプローチのタイルに水撒きするときらきら光る。カタチだ けでなく心もそうありたい。

 

アサガオの葉っぱが雨に濡れて青々している。すでにチューリップの球根が待っているが、撤去するのはもったいないので工夫して両立させたい。ニチニチ草も 赤と白が鮮やか。太陽による輝きも美しいが、秋雨に濡れた花たちは季節感を全身で伝えてくれる。落ち葉は少ないがアスファルトにへばりついてなかなか離れ てくれない。

 

2日間の疲れが残っているのか、箒を持つ手も動きが緩慢だ。それでも習慣が手抜きをさせない。万歩計の掃除歩数は1384歩。ゴミ拾いに比べると圧倒的に 少ない。今日は「竹の子学園・卒塾式」の打ち合わせ。世話役たちにここでも「ご縁に感謝」。烏骨鶏の餌やり、水やりも毎日欠かせないが、最近は卵を生まな いのでせいがない。

 

早朝清掃リポート ~新しい柱の「ご縁に感謝」~