早朝清掃リポート

早朝路清掃リポート ~磨くほどに汚れが見える便器~ 2011年4月25日

磨くほどに汚れが見える便器

 

早朝路清掃リポート ~磨くほどに汚れが見える便器~ 

トイレは使用する都度「流せる雑巾」できれいにする約束になっている。三階の便器はさらに一ヶ月に一度、サンドメッシュや洗剤のカネヨンで本格的に磨く。 毎日、何度も拭いているからきれいだと思っているが、「拭く」と「磨く」は違う。水垢などは拭いただけではとれない。1時間磨いても納得がいく輝きが得ら れない。更なる磨きが必要。

 

日の出が早くなった。今朝は山の頂に午前5時45分、頭を出した。カメラの準備をしている間に早くも中天へ昇った。三泊四日で福島県・いわき市に合板を運 んだ社長も元気に出勤。往復3000キロは楽ではなかったろう。若さと責任感で疲れを見せない。同行した大久保社員は休ませたようだ。月曜日は南コース (トヨタ往復)と自転車置き場。

 

メイン通りの側溝は相変わらずタバコの吸殻が吹き寄せられている。すべてドライバーの行い。道路を灰皿代わりに使わないで欲しいが、ポイ捨ての習慣は簡単 には直せない。エアコンを使う時季になると窓を閉めるから、ポイ捨ては少なくなる。今は大抵の車が窓を開けているから捨てやすい。禁煙は強要できないが、 後始末はキチンとして欲しい。

早朝路清掃リポート ~磨くほどに汚れが見える便器~