早朝清掃リポート

早朝路清掃リポート ~もうすぐパンジーとお別れ~ 2011年4月26日

もうすぐパンジーとお別れ

早朝路清掃リポート ~もうすぐパンジーとお別れ~ 

パンジーにとっては昼夜の寒暖の差は歓迎だが、このところ朝も夜も昼も暖かすぎる。温度が押さえてくれないと茎も葉も伸び放題になるから、パンジー特有の 慎ましさを失う。もう二、三回花摘みをすると、花壇の主役は交代する。夏に強いマリーゴールドを180株注文済み、5月21日に開催する「オレンジフェス タ」までに植え替える。

 

朝は厚い雲に覆われていたが、掃除が終わる午前8時ころには陽が差し始めた。本日はハイライフコース。中学生になると何かが変わるのか、あれだけキチンと 挨拶できていた女子学生たちの態度が短期間で変化した。「おはようございます」に全く反応しない。まるで目も見えず耳も聞こえない状態。そのうち元に戻る とは思うが、気がかりだ。

 

その分はピカピカの1年生が補ってくれる。今年は例年よりも人数が多い。保育園の送迎も増えてきた。子どもが居るだけで町はホッとする。6~7人の1年生 が下り道を走って登校していた。一人が躓いた。「立ち上がれ!」と声を掛けたが首を横に振る。見守り隊のおじさんが走りよってバンドエイトを貼ってやる。 心温まる光景だ。