地域清掃

通学路清掃リポート ~掃除!掃除!そしてあいさつ~ 2011年5月18日

掃除!掃除!そしてあいさつ

職場体験の中学生は今朝も掃除から始まった。午前7時から自主参加の周辺清掃。午前7時20分、掃除朝礼を終えて水曜日恒例の通学路清掃へ出発。到着した ときは登校する児童の姿が見えないが、やがて次々に元気のよいあいさつをしながらグループになって校門をくぐる。つい東北の大地震に遭遇した子どもらと比 べてしまう。元気は嬉しい。

 

気温の上昇につれて雑草も成長が早い。校内のことは分からないが、通学路の雑草は見辛い。懸垂幕や横断幕には「美化」や「あいさつ」の標語が目立つが、掛 け声だけで現実には誰も何もしない。子どもの教育には「明るいあいさつ」「美しい環境」は欠かせないと思うが、地域の人たちも学校の教師もまったく無関 心。車で登校する教師も無言。

 

職場体験の中学生は草取りと、子どもたちへのあいさつに専念してもらった。あいさつは礼儀だが、基本的には習慣だ。とてもよく出来るということは、日頃あ いさつをきちんとしている証。ジャージ姿で草取りに汗している中学生と、コンビニでカップラーメンを食べている男子中学生、超ミニスカートの女子中学生の 姿は、どう見たらよいのか。

 

9時からはイベント向けの展示物掃除が待っている。頑張る中学生に会えて希望を持った。

 

通学路清掃リポート ~掃除!掃除!そしてあいさつ~