早朝清掃リポート

早朝路清掃リポート ~ツバメが来てくれた~ 2011年5月2日

ツバメが来てくれた

早朝路清掃リポート ~ツバメが来てくれた~ 

早朝路清掃リポート ~ツバメが来てくれた~ 

G・Wの2日目は爽やかな朝になった。雨が降らないと好物の竹の子も生えてくれないし、市民の水がめも潤わない。しかし、掃除のときは雨がない方がラク。 空気もひんやりして気持ちがいい。季節は同じ初夏の一日でも、朝一番のかしわ手の音も頬をなでる空気の感じも毎日違う。ツバメが頭の上をすれすれに飛び込 んできた。巣作りが始まった。

 

掃除を終えてエントランスに水撒きをしていたら、超スピードでツバメが飛び込んできた。春が終わり夏が来たことを実感する。これから巣作りをしながら卵を 生む、温めながら雛に孵す。しばらく雛が賑やかにしているが、ほどなく巣立っていく。昨年は三度も繰り返された。珍しく今年は巣作りが増築工事で始められ た。幸運が運び込まれる

 

多くの会社は連休であるが、学校は月曜日だからいつもの通り。自転車通学の男子高校生は元気いっぱいで「おはようございます」の風を起こし、目の前を飛ん でいく。なんとも五月らしくて気分がいい。パンジーはいつまで咲いてくれるのか、益々賑やかになってくる。花びらの水滴が光を反射して目に眩しい。休日の 早朝清掃は一味違う。