地域清掃

公園清掃リポート ~オレンジの花が咲く~ 2011年11月5日

 オレンジの花が咲く

公園清掃リポート ~オレンジの花が咲く~ 

椋田克生さんは白内障の手術経過も良く、3週間ぶりに張り切って参加。小雨の朝の午前7時はまだ薄暗い。大便器は若手2名が磨き上げ、小便器はベテラン3 名が担当。久し振りの椋田さんはエンジン全開で、賑やかな大声が響いていました。黙々もいいし、賑やかも悪くない。リズムに乗って手足を動かすと、便器の 輝きも違う。

 

広い公園は落ち葉で茶色に染まり、秋から冬への移り変わりでベンチ付近はタバコの吸殻が散乱し、自然へ孵すものとの選り分けに一苦労。ゴミを減らす努力は 半端ではありません。突然の豪雨になり公園にオレンジの花が咲きました。7週間も放置されると、公園は公園でなくなります。竹箒は常備してあるので、心あ る人に掃除して欲しい。

 

排水路は落ち葉と砂がいっぱいに詰まっていました。このままでは雨水が流れなくなります。グレーチングを上げて取り除きましたが、誰かが責任を持って掃除 をしないとやがて廃虚になります。何よりも汚さないこと、子どもたちのためにもきれいにすること。では誰が? 役所の責任? 使う人の責任? 自分のこととして気づく人に期待。無理?

 

公園清掃リポート ~オレンジの花が咲く~