早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~豪雨がピタリと止む~ 2011年5月22日

豪雨がピタリと止む

早朝清掃リポート ~豪雨がピタリと止む~

午前5時、いつものように自宅を出たが、その途端しのつく豪雨に変わった。小さな傘は頭が濡れない程度のもの。びしょ濡れになって会社に到着。朝の仕事を 終え午前7時、掃除を始めたがピタリと止んだ。例外を設けない生き方に天が応援してくれたのかもしれない。東の空はすっかり明るくなり、お昼ごろには太陽 が顔を出すかもしれない。

 

会社の周辺は落ち葉も少なく車道に流れ出るほどではないが、街路樹を自然任せにしているところは落ち葉が塊になって流れていた。新芽が伸びてきたから常緑 樹のどんぐりの木が自然の摂理に従っていっせいに衣替えを始めた。やがてグレーチングが目詰まりし、雨の日は大量の水が車道に流れ出る。早めに剪定をすれ ば、後始末が楽なのだが…。

 

掃除の途中に椋田さんが花を見にこられた。昨日のオレンジフェスタで中央分離帯に花を植えたプランターを設置したが、あまりの豪雨に花たちが心配で見にこ られたが、今週中には花壇に植え替え、アサガオの代役として歩行者に楽しんでもらう。花と掃除は人の心をやさくする。移植の作業は簡単ではないが、早朝清 掃の時間を活用する。

 

 

 

早朝清掃リポート ~豪雨がピタリと止む~