地域清掃

通学路清掃リポート ~ 子ども安全の日~ 2011年6月22日

子ども安全の日

通学路清掃リポート ~ 子ども安全の日~

本日は社長と金本委員長が出張で戦力ダウンのところへ、白馬のナイト・大江雅雄さんが参加された。少人数だからアップ差が大きい。始めて見るが毎月22日 は「子ども安全の日」の設定で、校門の両サイドや街角に幟が立ててある。薄グリーン地の旗と同色のイベントベストが爽やかな感じを与える。やはり校門は賑 やかな方がいい。

 

特に女性の教師が張り切って大きな声で子どもたちに呼びかけている。明るい大声は周辺に活気をもたらす。掃除をしているこちらまで元気がもらえる。「学校 と地域が一体となって教育効果を上げる」というが、スローガンは淀みなく言えても具体的に何をしていいかは分からない。しかし、校門の出迎え活動は、最適 の共同作業に思える。

 

「子ども安全の日」に相応しいよい光景を見させてもらった。地域全体に広まるよう願っている。バス通りに看板をつけた。『ご縁に感謝』と独自の書体で大書 してある。企業の宣伝効果は期待できないが、「ご縁に感謝」のフレーズが流行すれば嬉しい。それにしても蒸し暑い。少し動いただけで下着がぐっしょりにな る。

 

通学路清掃リポート ~ 子ども安全の日~