早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~青空に太陽~ 2011年7月11日

青空に太陽

早朝清掃リポート ~青空に太陽~

日の光は熱いが風は涼しい。梅雨が明けるとこれほどまでに爽やかになるのか、まるで他所の国に旅してるみたいだ。これからは早朝清掃でも日焼けの心配が必 要だ。顔が茶褐色になるのは構わないが、熱中症で倒れないように心掛けたい。緑のカーテンは上りきって横に這い始めた。つまり天井の部分で陽の光を遮って くれるということだ。

 

週始めは南コースのゴミ拾いから。土日と休んでいた徒歩通勤を再開したので、シューズがコーキング用になっている。その分だけ足が早くなりゴミ拾いのス ピードが上がる。デオデオ入り口の中央分離帯は安全棒で囲まれているため、清掃車は外側をなぞるだけだから肝心のところは雑草が威張っている。一度に全部 とはいかないが除去する。

 

アスファルトの間から頭を出した雑草の根元は、横に張っているだけになかなか抜けない。吸殻も溶けている。福島と広島を結ぶ「ひまわり里親活動」のひまわ りの芽が出てきた。特別の思いで育てタネを福島に送りたい。せっかくのキュウリは病気がついて残念ながら全滅。わずか5本の収穫で終わった。防虫剤より害 虫が強くなっている。

 

早朝清掃リポート ~青空に太陽~