早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~朝の真夏日が続く~ 2011年7月22日

朝の真夏日が続く

早朝清掃リポート ~朝の真夏日が続く~

温度が急上昇するとガレージに干しているジャガイモが悪臭を放つ。もったいないと思いながら捨てなければならない。今朝はそこからスタート。それにしても 暑い。愚痴を言っても始まらないが、ゴミ拾いの時間になると元気が出る。車に対抗して歩くから自然に風が起こり心地よいひとときになる。車道の側溝プラス 植え込みの中の空き缶拾い。

 

どうせなら歩道に捨ててくれればいいのに、一片の良心の表れかもしれない。車道側の犯人はドライバー、歩道側はジョギングの人たちか。ゴミを捨ててくれる 人が居るからこそ、朝のゴミ拾いが楽しめるというもの。文句を言っては罰が当たる。袋がいっぱいになると達成感を覚えるから不思議。今朝はほぼいっぱいに なった。

 

花壇のマリーゴールドの背が高くなった。もともと可愛い花なのに随分威張っている。猛暑に負けない元気さが道行く人のエネルギーになりそう。キュウリが元 気になり花もたくさん咲き始めた。ミツバチが増えているので案外よい結果になるかもしれない。外回りの清掃参加者は8名、バスの通勤者に心地よい風景のプ レゼントになれば嬉しい。

 

早朝清掃リポート ~朝の真夏日が続く~