地域清掃

通学路清掃リポート ~突然の大雨で退散~ 2011年7月27日

 突然の大雨で退散

通学路清掃リポート ~突然の大雨で退散~

通学路清掃リポート ~突然の大雨で退散~

夏休みに入って学校付近は閑散とし、通学路にはクラブ参加の児童・生徒の姿が見えるだけ。清掃&あいさつ活動だから、片方が欠けるとやはり寂しい。7週間 に一度のローテーションだから、真夏は驚くほど雑草は成長する。根っこの張り具合も半端ではない。夏休みだからといって放置すると、子どもたちは雑草の間 を登校するようになる。

 

雑草抜きを中心に作業を進めていたが、突然の大雨に残念ながら時間前に退散。今の時期は突然天候が変わることがあるので、くもが走っているときは雨合羽を 用意すべきだった。準備不足を悔やんでいる。これからはムダになってもいいから、例外なく雨合羽を用意して臨みたい。幸いに一般のゴミは少なくなりホッと している。

 

近くの小学校の場合は清掃が終わってから、徒歩でゴミ拾いをしながら会社まで帰る。今日はそれも適わず残念だった。明日のバス停清掃はいつものようにゴミ が多いと予測される。終わりのないか活動だが、善意の人たちが増えているのはうれしい。自分が暮らす町は、自分できれいにする。その実践が町を美しくす る。(金本和宏記)