地域清掃

通学路清掃リポート ~元気いっぱいの校門が復活~ 2011年7月6日

 元気いっぱいの校門が復活

通学路清掃リポート ~元気いっぱいの校門が復活~ 

少し大げさだが地響きのような「おはようございます。ありがとうございます」が返ってきた。やがて子どもたちが登校を始めた。何と校門の賑やかなこと。遠 くまで響き渡る「おはようございます」一気に明るくなった。学校の朝はこうでなくてはいけない。一時限目の授業は校門の外から始まっている。心なしか子ど もたちの足も軽やかで速い。

 

校長先生におたずねした。「いつから始められたのですか」、「私は4月からですが、学校は2~3年前からあいさつ運動をしています」。10年を超えてこの 学校を含めて通学路清掃をしているが、これまで唯の一度もこのような場面に遭遇したことはない。校長先生の正しい「おはようございます」、「丁寧なお辞 儀」「声の大きさ」は子どもの心を打つ。

 

これで7校のうち4校の校長先生が、校門に立って生徒を迎えられる展開になった。子どもたちから積極的にあいさつされると、箒を持つ手にエネルギーが湧い てくる。学校がどのように変わっていくか楽しみだ。法律の運用がどのよう弄ばれようと、校長が校門に立って子どもらを迎える以外、教育正常化の道はない。 すべては校門がスタート。

 

 

通学路清掃リポート ~元気いっぱいの校門が復活~