早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~早朝清掃のダブル~ 2011年7月8日

早朝清掃のダブル

早朝清掃リポート ~早朝清掃のダブル~ 

本通り清掃が「一周年記念」となったため、早朝清掃をこなすため2グループに分けられていた。ところが開始時間に間に合ったため、本通りに参加したグルー プはダブって掃除をすることになった。ハイライフバス停付近の緑地帯もきれいに剪定され心地よい。隠れていた空き缶なども姿を見せ、植え込みの中に手を入 れやすくなった。

 

所定のハイライフコースを済ませ、自転車置き場の掃除に取り掛かった。連日の雨と風でちぎれた落ち葉やゴミが辺りを覆っていた。放っておいても非難される わけでもなく、きれいに掃除をしても称賛を浴びるわけではない。きれいなところばかり歩く人はきれいが当たり前と思い、散らかった道だけ歩く人はそんなも のだと思うだろう。

 

清掃活動は称賛を期待すると続かない。大抵の人は無関心だし、掃除を目撃しない人は判りようがない。結局「きれいがいい」と信ずる心が手足を動かす。道も 自転車置き場もきれいが当たり前と思ってもらえば、つまり、使う人がきれいさに気付かないレベルに到達すれば目的が達成されたことになる。ダブル参加のみ なさん。お疲れ様。

 

早朝清掃リポート ~早朝清掃のダブル~