地域清掃

通学路清掃リポート ~再び雑草に挑戦~ 2011年8月24日

再び雑草に挑戦

通学路清掃リポート ~再び雑草に挑戦~

通学路清掃は7週間に一回だから、この時季になると再び密生する。夏休みが終わって子どもらが登校するのは一週間後だけに、キチンと除草して迎えてやりた い。通常は小学校側だけ草取りをしているが、江原さんの提案で2班は最後の10分間を除草に集中した。グループは5人。みんなでその気になって力を合わせ れば、早い。そしてきれい。

 

学校はセミの鳴き声が聞こえるだけで、まさに夏休みそのもの。終盤になって子どもたちが登校する姿はない。クラブ活動もないのは、宿題に対する配慮だろう か。レギュラーコースを竹箒で掃く。ちりとり役の様子を見ながら、多く集めたり少なくしたりで調整している。ちりとりに余裕があれば集める場所を多くす る。その反対もある。

 

子どもたちが学ぶ環境を美しくするのは誰がやるべきかを考えてみる。やるべきかと言うのは主体的に動くかということ。行政、教師、生徒・児童、PTA、自 治会、地域の個人、気付いた人が掃除すればよいと思うが、誰も気付かないときの備えは必要。わたしたちの巡回掃除は7週間に一回だけだから、残りの6週間 を埋めるのは、教師が似合う。

 

通学路清掃リポート ~再び雑草に挑戦~