地域清掃

公園清掃リポート ~黙祷~ 2011年8月6日

 黙祷

公園清掃リポート ~黙祷~

66年前のあの日のような青空ではなかったが、昨夜の雨が嘘のように晴れ上がった。公園清掃を終えて帰る途中、8時15分のサイレンを合図に立ち止まり黙 祷を捧げた。菅直人首相の列席の下に原爆の日・慰霊祭が執り行われているだろう。原発問題で右往左往しいてる菅首相はどんな思いで献花し、黙祷し、式辞を 読み上げたろうか。

 

公園近くの原爆養護ホーム・倉掛のぞみ園では、特別な気持ちで今日を迎えられたと思いを馳せる。被災者は少なくなったが、原爆の爪あとを今に伝える。この 公園にはテニスコートが併設されているが、朝早くから楽しむ人が多い。最初は素通りされていた人が、今では大半が「おはようございます。ありがとうござい ます」とあいさつされる。

 

本日の参加者は9名。平和公園の清掃活動に参加されている人もある。大江雅雄さんと当時の思い出話をした。大江さんは5歳、私は8歳の幼い体験だった。戦 争は多くの人を不幸にし、国土を破壊し、後遺症を残す。あれこれ不満はあるが、いまの日本の平和を有り難く思う。せめて清掃活動くらいは続けないと罰が当 たる。

公園清掃に徒歩で参加をしているが、本日は最長の往復8780歩。

 

公園清掃リポート ~黙祷~