早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~竹の子学園の早朝清掃~ 2011年8月7日

 竹の子学園の早朝清掃

早朝清掃リポート ~竹の子学園の早朝清掃~ 

竹の子学園・ホームステイの2日目。日の出体験、ラジオ体操を終えた後、二班に分かれて学園施設のゴミ拾いに出発した。遊歩道の周辺が中心だが、広い敷地 は掃除が行き届いており、目に付くほどのゴミはない。それでも本気になれば、ゴミが呼んでくれる。リーダーの古賀裕也くんはポリ袋に溢れるほど錆びた空き 缶を拾い集めた。

 

「町を美しく」と印刷されたポリ袋は、洗えば何度でも利用できる。ゴミ箱に捨てた後、水洗いして運動場のサルスベリに架けて干す。子どもたちはなかなか掃 除に馴染まないが、本気になると予想を超える能力を発揮する。楽しみながら学び、大人になったとき、良い習慣になればうれしい。学園を開設した頃のゴミの 散乱がなつかしい。

 

記念撮影をした後、金木犀公園で自分が植えた記念樹探しをした。第一期入塾記念の金木犀は成長しており、名札探しに苦労していた。最近の植樹は背も低く、 繁っていないから簡単に見つけることが出来る。ホームステイのカリキュラムは、ゴミ拾いですべて終わる。続いて8月塾が始まる。自分たちできれいにした施 設の朝礼は意味がある。

 

早朝清掃リポート ~竹の子学園の早朝清掃~