早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~新学期が始まる~ 2011年9月1日

 新学期が始まる

早朝清掃リポート ~新学期が始まる~

大型の12号台風の行方が心配だが、今朝のところ広島は心配ないようだ。近年の台風は四国沖から紀伊半島に上陸し、日本列島を北に縦断するケースが多い。 大雨の場合もゲリラ化することが多い。一時間に数百ミリの雨を降らすから、局地的に甚大な被害を与えている。地球環境の何かが大きく変化しているようだ。 近代化の弊害かもしれない。

 

小学校の夏休みが終わり、通学路が賑やかになった。登校する子どものいない40日間、通学路清掃は火が消えたように寂しかった。年齢の割合に声がよいと言 われるが、声帯はすべて朝のあいさつで鍛えたものだ。小学生が数人「いっせいのー」と始めたものだから、何事かと思ったら声を揃えて「おはようございま す!」。気持ちがいい。

 

ボランティア「A」さんが暑いのに大活躍。擁壁にたくさん垂れ下がったかずらを、一本ずつ丁寧に除去していた。陸橋から高陽幼稚園入り口までの約500 ㍍、未明にも姿を見た。お昼の暑いときも麦藁帽子をかぶり、タオルを首に巻いて頑張っている。伐採や草取りの用具なども、びっくりするほどの種類を使って いる。善意の行動に感謝!

 

早朝清掃リポート ~新学期が始まる~