早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~天邪鬼~ 2011年9月16日

 天邪鬼

早朝清掃リポート ~天邪鬼~

上岩の上のバス停から会社の入り口までの歩道は、わが玄関のうちと思い毎朝清掃している。ここ数年間、法面の木立が生い茂って、秋になると落ち葉の量に悩 まされていた。今年は3年ぶりに役所の連係プレーがよく、かなり深いところまで伐り払ってくれた。そのお陰で掃除の時間が大幅に短縮され。ずいぶん楽が出 来るようになった。

 

ところが人間という生き物はどこまでも「天邪鬼」で、落ち葉のない歩道は秋の風情に欠けると話が出た。最もな話で風に吹かれて醸し出す微妙な音がなくなっ た。物足りない。きれいに掃いた歩道に裏を見せ表を見せて舞う落ち葉の季節の風景である。数年して木立が生い茂るまではのぞむべくもない。余った時間だけ 広範囲に清掃したいものである。

 

ゴミ拾いでバス停を通過する時間帯に学生や生徒がバスを待っているが、十数名の全てが携帯を手にして画面を眺めている。メールしているのか、メールを読ん でいるのか分からないが、少し異様に感じる。イヤホーンを付けて音楽でも聴いている人は、挨拶をしても聞こえない生徒も少なくない。電車もバスも同じ。 益々言葉が失われていく。

 

早朝清掃リポート ~天邪鬼~