早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~彼岸の入り~ 2011年9月20日

 彼岸の入り

早朝清掃リポート ~彼岸の入り~

今日から彼岸の入り。あいにく15号台風の前触れなのか、雨雲が低く垂れ下がり山と空の境目を消してしまった。雨は弱雨で掃除の障害にはならないが、効率 が悪いため社屋の周辺だけ箒を使い、その後はゴミ拾いに集中する。この時間のバス停は女性で埋まる。雨のせいなのか市内行きの急行バスの遅れが目立つ。そ のため雨傘の行列が生まれる。

 

掃除の終礼では当番がその日の「気付き」と「改善点」を述べるが、最近は基本から外れ抽象的な発表が目立つ。金本委員長から「気付き」とは昨日から今日へ どれだけ進歩があったか、「改善点」とは明日を良くするための提言、その二つについて簡潔に述べて欲しいと要望があった。簡単なようで難しい。ぼんやりと 掃除の時間を過ごせない。

 

花壇の花たちは雨に打たれて傷付いているが、その姿は痛々しい反面、可憐で情緒がある。柔らかいアサガオの花びらは千切れている。彼岸にはコスモスが似合 うが、掃除のコースではまだ見ることが出来ない。中日には太陽が真東から昇るが、天気予報は今週いっぱいは雨と伝えている。なんとか真東の陽光を浴びたい ものだ。晴れを祈る。

 

早朝清掃リポート ~彼岸の入り~