地域清掃

早朝清掃リポート ~台風の余波 風が舞う~ 2011年9月21日

台風の余波 風が舞う

早朝清掃リポート ~台風の余波 風が舞う~

台風15号は広島地方をそれて東へ向かったが、その余波で強い風が舞って掃除には工夫が必要だった。近畿、中部地方は豪雨で河川が氾濫し、百数十万人の人 が避難勧告を受けている。政令指定都市の広島市をはるかに超える人の大移動、その恐怖や悲惨さはまったく想像できない。刻々伝わる被災地の地名に畏友の住 まいがある。案じられる。

 

風が一方向に吹くのなら、掃除はさほど難しくはない。今朝のように絶え間なく方向が変わると、チリ取りをよほど敏捷にしないと何度も掃くようになる。さす がベテランの江原さんは、動きに無駄がない。たかがチリ取りと甘く見ると時間ばかりかかる。前回に続いて教頭先生からお茶の差し入れがあった。見ていてく ださるのは励みになる。

 

今日から秋の交通安全週間。通学路の入り口には交通指導員、見守り隊の人たちが10名ほど指導をしていた。さすがに整然と登校している。あいさつも元気が いい。しかし、よく観察すると、先に挨拶をする子どもがいない。20名ほどテストした。案の定、声を掛けなければ誰も挨拶しない。先にあいさつする児童、 返事あいさつしか出来ない児童。この差は何から生まれるのだろうか。

 

早朝清掃リポート ~台風の余波 風が舞う~