早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~秋分の日~ 2011年9月23日

秋分の日

早朝清掃リポート ~秋分の日~ 

涼しいというよりも肌寒くなった。ぼつぼつ長袖のジャンパーを用意しなければならない。今朝は真東から太陽が青空をバックに昇っている。真東からというよ り、太陽が昇る方向が東なのだ。紺碧の青空という表現が当たっているのか。まさに爽やかな日差しとともにニッポンの秋を実感する。猛暑、台風の後だけに自 然のやさしさを見る。

 

周辺清掃は江原さんが早朝出勤して手伝ってくれた。というよりほとんどやってくれた。爽やかな朝には水撒きの趣きも違う。エアカーテンを目論んだゴーヤは 見事に失敗し用をなさなかったが、撤去した。烏骨鶏はすっかり卵から遠ざかったが、心の癒やし用として大切にしたい。彼らの意味のないように見える仕草 が、心を和ませてくれる。

 

今日の休日当番は岡元さん。決められた時間より40分も早くきてエントランス、階段、オフィスの掃除に余念がない。昨日から工事中のお客様が、夫婦で仮住 居に住まわれている。早い時間の掃除は怠れない。江原さんは早くも現場へ出かけた。「早起きは三文の徳」。休みでも懸命に働く社員の姿を見て心を洗われ る。日の丸が青空にあざやか。

 

早朝清掃リポート ~秋分の日~