地域清掃

公園清掃リポート ~朝は晩秋の冷気~ 2011年9月24日

朝は晩秋の冷気

公園清掃リポート ~朝は晩秋の冷気~ 

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったものだ。朝の気温は急降下。自宅を出る午前5時は、長袖のジャンパーが必要になった。今日の公園清掃は西山公園。久々メ ンバーが勢揃いし、地域のゲスト1名を加え15名。広い公園だが隅々まで掃除が行き届く人数で有り難い。グレーチングを跳ね上げて溝の中まで掃除が出来 る。

 

長い間、竹箒を使うグループだったが、今朝は男子便所組に加わる。実は最近のトイレ磨きが雑になっていると、金本委員長が指摘。一応は極めた人たちだが、 その分だけ慣れが災いする。もう一度原点に帰る必要があり、その改善手段として背中を見せることになった次第。水は冷たくないが、膝と腰の痛みは治ってい ない。我慢で取り組む。

 

手を抜くと便器の輝度が落ちる。トイレ磨きの極致である心磨きから遠くなる。案の定、水漉しの裏側や見えない部分の磨きが欠落している。その分だけ近寄れ ば悪臭がきつい。排水口の釣鐘なども汚れがたまっている。たわし、スポンジ、サウンドメッシュなどの掃除用具もかなり草臥れている。用具のチェックと、掃 除手順などの見直しが必要。無償の行いだからこそ、隅々まで行き届かなければ、価値が減少する。

 

公園清掃リポート ~朝は晩秋の冷気~