早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~爽やかな風に乗る~ 2011年9月6日

 爽やかな風に乗る

早朝清掃リポート ~爽やかな風に乗る~

徒歩で出勤する午前6時の風は爽やか。一度下がれば頬を撫でる風がこんなに爽やかになるのか。嫌な湿気は台風が連れて行ったようだ。ゴミ拾いは長距離のト ヨタコースだが、雨が流したのか、風が飛ばしたのか、それとも善意の人が掃除したのか。ゼロではないがともかくゴミが少ない。おまけに5枚刃のカミソリと 歯ブラシの拾得物があった。

 

出勤のとき出会った人に「おはようございます」と声を掛けるが、驚くほど返事が戻らない。早いバスを待つ通勤者も同じだ。まだ目覚めていないのか、あいさ つの習慣がないのか、それは分からない。ところが一時間遅れのゴミ拾い・掃除のときは、大半の人がにこやかに「おはようございます。ご苦労さま」「ありが とうございます」が戻る。

 

怪しげな老人がさっさと歩いているのは奇異に感じて警戒するのか、箒やゴミ袋を持っていると安心感があるのか、その落差は驚くほど。しかし、擦れ違ったら あいさつを交わすという日本の伝統文化が薄れつつあるは残念だ。アサガオの花が日増しに増えている。やはり季節の移り変わりには敏感だ。気付けば太陽は東 から昇るようになった。

 

早朝清掃リポート ~爽やかな風に乗る~