地域清掃

通学路清掃リポート ~子どもたちの元気は?~ 2012年10月10日

連休明け

真亀地区に住んでいる田畑栄造さんが、この学校の通学路清掃には必ず参加してくれる。6人が7人になるのだから戦力として大きい。登校する子どもたちに活 気のないのが少し気になる。校長以外に教師の姿が見えないのも影響があるのか。以前は姿を見ていたような気がするが…。裏門から乗り入れる教師が、音楽を 鳴らしながら入った。

 

 通学路清掃リポート ~子どもたちの元気は?~ 

落ち葉はこれからだろう。まだ少ない。次回は7週間先だからどんなになっているか。真向かいの中学校は早くから元気のいい声が聞こえてくる。体育教師らし い大きな声が響いて活気がある。定めた範囲は何とか掃除を終えることが出来た。掃く、集める、ちりとりでゴミを処理する。一連の動きが淀みなく進む。この あたりの所作はプロのクラス。

 

 通学路清掃リポート ~子どもたちの元気は?~ 

 

雑草の時期は終わったし、落ち葉の季節は始まったばかり。次回は11月末になるが落ち葉が待ち構えているだろう。「掃除は学校を語る無言の表現であり、児 童を写す無形の鏡である」と言うが、まさにその通りである。フェンスの内側の植栽の根元は、学校の現状を教えてくれる。狭い地域に七つの学校があるが、そ れぞれ違っており興味深い。

 

 通学路清掃リポート ~子どもたちの元気は?~