地域清掃

通学路清掃リポート ~雨が止んだ~ 2012年2月15日

 雨が止んだ

通学路清掃リポート ~雨が止んだ~

出勤するときはかなりの雨が降っていたが、通学路清掃に出発する午前7時20分には止んでいた。雨合羽をまとわなくて済むのはラッキーだ。ところが雨上が り路面状態はゴミが地面から離れず苦労する。乾いているか、雨が降っているときの方が、竹箒は滑らかに動く。見た目には掃かなくていいほどだが、集めれば かなりの量になる。

 

学校によっては教師の対応が大きく異なる。登校する教師が車から降りて大きな声で「おはようございます。ありがとうございます」とお辞儀をされた。一人の 教師の振る舞いによって学校に抱く感情は違ってくる。「地域と一体になって…」の教育実践は、朝のあいさつで質がよくなる。返すあいさつにも張りが出てく る。箒にも力がこもる。

 

登校する子どもたちの「おはようございます」も、教師のあいさつに連動している。教師の礼儀正しさは必ず子どもに伝わる。学校の授業は通学からすでに始 まっている。月曜日の霙で冬に別れを告げてくれるといいのだが、今朝は雨上がりの空気まで春めいてきた。靄が空に向かって上がりはじめ、山を隠して地面と 一体になっている。春!春!

 

通学路清掃リポート ~雨が止んだ~