地域清掃

通学路清掃リポート ~可愛い出迎え~ 2012年2月22日

 可愛い出迎え

通学路清掃リポート ~可愛い出迎え~ 

制服を着てタスキを掛けた子どもらが、保護者に挟まれて校門で児童を迎えていた。夏のツバメの巣を思い起こさせる光景だ。きちんと整列しているのがいい。 手前の横断歩道では教師とボランティアが、子どもらに声を掛け交通安全に目を配る。そこへボランティアAさんがゴミを拾いながら登場。学校と地域のコラボ レーションがよく分かる。

 

この学校では校長と教頭が、毎朝通学路を清掃する。砂粒以外、目立つゴミはない。バス停の吸殻を入れる缶も、きれいにゴミを取り除いている。最近は風邪で 用心する社員もあり、参加者は4名と少なかった。そんなときはゴミを広く集め、ちりとりの回数を少なくする。参加者が多いときは反対の方法で進める。これ だけでも時間が節約出来る。

 

向かい側の空き地を利用した花壇はきれいに整備され、色とりどりのパンジーが微笑み始めた。花壇と子どもたちの出迎え、地域のボランティアの活躍、地域の 活性化はかくありたいものだ。手をつないで登校する子供らは一幅の絵になる。雨上がりのグランドでは児童らの声が弾けている。労をねぎらって飲物を振舞っ ていただいた。よい朝だった

 

 

通学路清掃リポート ~可愛い出迎え~