早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~ピンチに工夫~ 2012年2月24日

ピンチに工夫

早朝清掃リポート ~ピンチに工夫~ 

相次ぐダウンで早朝清掃はとうとう3人になった。掃除の歴史で初めての経験だ。社屋内の掃除は専務が一人。こちらはよくあることで慣れている。地域清掃は 金本社員と二人。さいわい落ち葉が少ない時期だから、上岩の上バス停から諸木バス停まで出来た。平素は5名だからそれなりに手順と掃除の進め方に工夫が必 要だ。

 

通常は5人の範囲を二人で掃除をするのだから、難しいように感じられるがそれほどでもない。ただし、ダメだと思えばそれまで。気持ちさえ萎えなければ、人 間はピンチで工夫ができる生き物だ。その意味ではピンチはまさしくチャンスに変えられる。上り線、下り線をそれぞれ一人が担当するが、大切なのは相手の動 きに合わせることだ。

 

赤い毛氈を敷き、内裏さまやお姫さま、それに三人官女が登場し、役者は勢揃い。雛壇は完成した。あとは雛祭りを待つのみ。チャボが卵を生み始めた。なんだ かんだ言っても春は春。日差しも暖かくなり、着ている物も少なくなって身軽になる。しかし、油断すると風邪がさりげなく忍び寄る。季節の変わり目は細心の 注意が必要だ。

 

早朝清掃リポート ~ピンチに工夫~