早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~気になる街路樹~ 2012年4月13日

気になる街路樹

早朝清掃リポート ~気になる街路樹~

4月になって一気に社員が増えてそろいのジャンパーの掃除朝礼が賑やかになった。それにつれて担当場所の掃除研修も始まった。掃除名人は仕事でも名人にな れる。そのベースは「気働き、心配り」。入社して教えられる分野ではなく、生まれてから今日までの生活体験が生きるところ。学んだ知識が生かせるかどうか 掃除の仕方を見れば分かる。

 

街路樹が枝を張って車道へはみ出している。大型トラックやバスが通るたびに枝が折れて車道に落ちる。街路樹は区役所の管理下にあり、被害の責任は免れな い。以前、剪定をした事はあるが、お目玉を食って止めた。役所は「言うだけ番長」だから文句は言っても、自ら是正しようとはしない。「予算がないから…」 が口癖。今朝も折れた枝を拾う。

 

3月まで担当していた駐輪場は新入社員の担当になり、丹念に草取りに頑張っている。指導は江原部長担当。上り車線のバス停指導は金本課長。その気になれば 簡単だが、長い間の悪癖は簡単に直らない。ムダ、ムラの根絶は時間が掛かる。終礼の気付き発表は山田社員。ガラスの破片などの処理について話していた。 リーダーは締め括りで指導。

 

 

早朝清掃リポート ~気になる街路樹~