早朝清掃リポート

早朝清掃リポート ~ツバメは徹夜~ 2012年4月24日

ツバメは徹夜

早朝清掃リポート ~ツバメは徹夜~

昨夜帰るときも、今朝出勤したときも、オスツバメが一羽、巣の前で家族を守っていた。いま巣篭もりの最中だ。まもなく可愛い雛が孵る。昨日の最高気温は 25℃と5月下旬を示していた。辺りの景色は完全に春から初夏へ移行しているが、雛ツバメが首を出して囀り始めると初夏が実感できる。ツバメのエサやりは 初夏の風物詩の象徴だ。

 

空気が乾燥して風はひんやりと心地よい。一年で一番いい朝を感じる季節ではなかろうか。つつじの花が開き始めた。赤、白、源平と楚々とした姿が好ましい。 日の出は5時代になった。これから夏至に向って夜明けは早くなる。日の出に間に合うよう出勤したい。今日の早朝清掃はチューリップの後始末と花壇の整備を する。茎に触れると花が散る。

 

ガレージや歩道の清掃、それに水撒きは他の人たちに任せて主役交代の準備のための花壇の手入れが忙しくなる。パンジーはまだまだ寿命がある。チューリップ を抜いて鶏糞を敷く。まだ次の主役は決めていない。街路樹のまわりはアサガオでまとめ、7本のアサガオの木を育てる予定。

 

 

早朝清掃リポート ~ツバメは徹夜~