地域清掃

通学路清掃リポート ~そうじは文化~ 2012年5月30日

そうじは文化

通学路清掃リポート ~そうじは文化~

登校する子どもたちの様子が少しずつ変わってきた。声だけではなく立ち止まってお辞儀する子どもの存在はうれしい。正しいあいさつは三つの動作から成り 立っている。①立ち止まる、②声に出す、③お辞儀する。この動きは日本独特の文化である。少なくとも企業や学校は日本の文化を誇りとし、後世に伝える役割 を担っている。

 

校門では約20名くらいの教師、保護者、児童が登校する子どもたちを、大きく明るい「おはようございます」で出迎える。子どもたちを見ていると校門に近付 くにしたがって姿勢がよくなり、足早になっている。その姿は1時限目の授業に反映される。教師にとっても児童にとっても気分のいい朝のスタートにになるの ではないか。目に浮かぶ。

 

昨日から2名の中学生が職場体験で参加している。午前7時前から掃除が始まるので戸惑っているだろう。わずか2名に過ぎないが生徒たちは学校を代表してい る。あいさつ、言葉遣い、態度、掃除は、その中学校の現実を無言で物語っている。受け入れ側としては精いっぱいよい体験が出来るよう準備して迎えている が、派遣する側はどうだろうか。

 

せっかくの機会だから職場体験の作法など、事前にレクチャーしておくと効果が上がるに違いない。ぜひ受け入れ側を驚かして欲しいものである。「この学校の生徒は凄い!」。

 

 

通学路清掃リポート ~そうじは文化~